スマートフォン版へ

【菊花賞】コントレイルは心肺機能も並じゃない!“切れ味”につながる心臓の強さ解析

  • 2020年10月22日(木) 06時00分
 「菊花賞・G1」(25日、京都)

 関係者がよく口にする「息の入り」という言葉は、競走馬の心肺機能を表すもの。人間と同様に、心拍数が早く回復すれば、それだけ心肺機能が高い=心臓が強いと言える。ならば05年の父ディープインパクト以来、史上3頭目となる無敗三冠を狙うコントレイルはどうなのか?デイリースポーツの依頼を矢作師が快諾。(株)Anicallが開発するHorsecall調教支援システムをコントレイルの腹帯に装着し、同社に解析してもらった。

 21日の追い切りは余力残しだったため、的確な数値の出た1週前追い切り(14日栗東CW)をサンプルとした。表からも分かるように、競走馬平均がなだらかな曲線を描くのに対し、コントレイルは曲線の傾きが急。競走馬平均が120拍/分まで下がる時に、コントレイルは既に100拍/分を下回っており、短時間で回復したことが分かる。

 競走馬の心拍数は100拍/分以下になるまで平均11分かかるが、コントレイルが要した時間はわずか6分。これは極めてまれなケースだそうだ。

 同社によると、心臓の強さは最後の“切れ味”につながるという。無敗のクラシック2冠馬は、数値の上でも文句なしの強さを証明している。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す