スマートフォン版へ

【菊花賞】コントレイル長距離仕様!やり過ぎず控えめ…驚くほど静かな最終追い切り

  • 2020年10月22日(木) 07時00分
 「菊花賞・G1」(25日、京都)

 05年の父ディープインパクト以来、史上3頭目となる無敗三冠を狙うコントレイルが21日、栗東坂路で最終追い切りを行った。気持ちが入り過ぎないように、あえて単走で馬なりと控えめな内容だったが、軽快なフットワークで4F52秒5-38秒3-12秒9を楽々マーク。偉業達成に向け、心身ともに態勢は万全だ。

 驚くほど静かな最終調整だった。開門から5分後、栗東坂路に登場したコントレイル。馬場の外めから単走で発進すると、自ら首を使ってしっかりとスピードに乗っていく。ただ、最後まで手綱が動くことはない。馬場のいいところを選び、やや外へと進路を取りながらフィニッシュ。手応えに余裕を残し、4F52秒5-38秒3-12秒9を刻んだ。

 騎乗した金羅助手は「やり過ぎず、馬場も悪そうだったので、気持ちを乗せ過ぎないようにやりました。もう動ける状態ですしね。無事に終わって良かったです」と胸をなで下ろす。初の在厩調整で、初の中3週。1週前には主戦の福永を背に追い切り、既に体はできている。同助手いわく「今までで一番(時計を)出さないようにした」のは、“長距離戦仕様”の精神状態を意識してのことだ。

 見届けた矢作師も「ラスト1Fは多少遅くて、見栄えはいいとは思っていないけど、馬場状態も良くなかったからね。問題なく順調。今回は距離が長いし、馬を追い詰めないように考えてやってきた」と納得の表情を浮かべる。「競馬が終わったあとは自然とオフになったし、今週になって上げてきている。僕が思っている以上に賢いし、人間の意図を理解している。素晴らしい」と絶賛した。

 史上3頭目となる無敗のクラシック三冠が懸かるが、「恐らく一生に一度のこと。自分にしか経験できないことと思って楽しんでいます」と師は自然体で大一番に臨む。「ファンの夢を壊さないように、もっともっと大きな夢を見てもらえるようなレースができれば」。歴史的な偉業を成し遂げ、さらなる高みへと羽ばたく。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す