スマートフォン版へ

【菊花賞】福永祐一「高揚感が出てきた」コントレイルと偉業達成へ…一問一答

  • 2020年10月22日(木) 06時00分
 「菊花賞・G1」(25日、京都)

 05年の父ディープインパクト以来、史上3頭目となる無敗三冠を狙うコントレイルが21日、栗東坂路で最終追い切りを行った。偉業達成に向け、心身ともに態勢万全を見せつけたパートナーについて、鞍上の福永祐一騎手(43)=栗東・フリー=が語った

 ◇  ◇

 -ひと夏を越して、コントレイルの成長具合は。

 「大きな馬体の変化は感じられないけど、後ろ脚の使い方が良くなってきました。そうなるとストライドが伸びるので、体の使い方が良くなる。前走の神戸新聞杯では反応速度が速くなったように感じました」

 -未知の3000メートルについては。

 「ダービーと同じでやってみなければ分からないけど、走る上で一番必要な折り合い面は問題ないので、こなせる下地はあります。皐月賞の頃から上手に走れるようになったし、どんな競馬でもできるのは強み。あまり不安はないですね」

 -コントレイルは、自分にとって、どんな存在か。

 「騎手人生の中心にいる馬。やりがいにつながっているし、人生の張りになっています」

 -現時点でのプレッシャーは。

 「さっきまではいつもと変わらない感じだったけど、(報道陣に)囲まれて、高揚感が出てきた感じ(笑)」

 -意気込みを。

 「周りは大丈夫だと言うけど、競馬に絶対はない。気を引き締めて臨みたい」

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す