スマートフォン版へ

【菊花賞】バビット仕上がった!無敗2冠馬から金星奪取へ

  • 2020年10月22日(木) 07時00分
 「菊花賞・G1」(25日、京都)

 破竹の4連勝でセントライト記念を制覇。三冠を狙うコントレイルとは初対戦となるバビットは21日、栗東坂路で単走。いつも通り、周囲に馬が少ない時間帯を選び、集中力を高めて最終追い切りに臨んだ。馬場の真ん中を堂々と駆け上がり、馬なりで4F55秒7-40秒6-13秒0をマーク。首を上手に使い、リズミカルな動きでフィニッシュラインを越えた。浜田師は「いつもの動き。しまいの反応も良かった。いい状態で臨めると思います」と納得の表情を浮かべた。

 1週前追い切りは美浦から内田博が駆けつけ、栗東CWで6F82秒6-38秒1-11秒9を計時。中間は坂路だけではなく、コース追いも取り入れて本番を見据えた。「春はソエがあったので坂路がメインでしたが、ひと夏を越して脚元の心配がなくなった。今回は攻めていけたと思います」。フィジカル面が強化されたことで、思い通りの調整ができた。

 メンタルに関しては「まだまだ子ども」と危うい面を抱えているが、そこを補うのが菊花賞2勝の実績を誇るベテランの手綱だ。「競馬はジョッキーの感性に任せています。内田さんとは“馬のリズムを一番大事に進めていければ”と話している。信頼しているので、競馬をつくっていってくれると思う」とトレーナー。無敗の2冠馬との初対戦。No.1の勢いを武器に、大金星を狙う。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す