スマートフォン版へ

【海外競馬】フランケル産駒ウィズアウトパロールが引退、英で種牡馬入り 2018年セントジェームズパレスS覇者

  • 2020年10月24日(土) 12時53分
 デビューから無傷4連勝でセントジェームズパレスS(英G1・芝1600m)を制し、父フランケルと親子無敗制覇を達成したウィズアウトパロール(Without Parole、牡5、米・C.ブラウン厩舎)が現役を引退。来年からイギリスのニューセルズパークスタッドで種牡馬入りすることがわかった。

 米競馬メディア『Blood Horse』などが現地時間22日、報じた。
 
 ウィズアウトパロール母Without You Babeその父Lemon Drop Kid。半兄にBCダートマイル覇者Tamarkuzがいる血統。
 
 デビュー時はイギリスのJ.ゴスデン厩舎の管理馬だったが、無傷4連勝後は勝ち星に恵まれず、2019年にアメリカのC.ブラウン厩舎に移籍。
 
 移籍後初戦のBCマイル(米G1・芝1600m)では3着に好走。今年に入っても、5月のシューメイカーマイルS(米G1・芝1600m)、前走のシャドウェルターフマイルS(米G1・芝1600m)でともに3着など好走を繰り返していた。通算成績は15戦4勝。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す