スマートフォン版へ

【メイクデビュー東京レース後コメント】レオカクテル岩部純二騎手、グラティアス C.ルメール騎手ら

ラジオNIKKEI
  • 2020年10月24日(土) 14時35分
東京4Rのメイクデビュー東京(ダート1600m)は8番人気レオカクテル(岩部純二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分39秒7(稍重)。クビ差の2着に6番人気ジュンゼロ、さらにクビ差の3着に3番人気ノーリスが入った。

レオカクテルは美浦・萱野浩二厩舎の2歳牡馬で、父タイムパラドックス母レオフォーレンス(母の父フジキセキ)。

レース後のコメント
1着 レオカクテル(岩部純二騎手)
「調教も良かったですし、センスも良い馬です。まだちょっと太い感じもあったので、またこれから良くなると思います。根性もあって、最後に手前を替えてまた伸びてくれました。勝てて良かったです」

2着 ジュンゼロ(吉田豊騎手)
「ゲートはそれほど速くなかったのですが、二の脚で行けました。ペースも遅く行けましたし、粘れるかと思いましたが......。でも、まだこれからの馬です。あとは砂を被ったり、違う形の競馬になった時に、どうかでしょう」

5着 ミルトボス(和田竜二騎手)
「まだ緩さはありますが、思った以上に競馬で走ってくれました。狭いところでは気を遣っていましたが、ばらけてからは脚を使ってくれました。上積みもありそうです」




東京5Rのメイクデビュー東京(芝2000m)は1番人気グラティアス(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分6秒2(稍重)。1馬身1/4差の2着に7番人気モズマンジロウ、さらに2馬身差の3着に4番人気ハーツラプソディが入った。

グラティアスは美浦・加藤征弘厩舎の2歳牡馬で、父ハーツクライ母マラコスタムブラダ(母の父Lizard Island)。

レース後のコメント
1着 グラティアス(C.ルメール騎手)
「スタートが良く、他に先頭に行く馬がいなかったので先頭に行かせました。レース中ずっと物を見て走っていて、ハミを取りませんでした。しかし最後は力を出してくれました。距離に問題はありません。能力のありそうな馬です」

2着 モズマンジロウ(北村宏司騎手)
「レース前から物見が激しくて、レース中もずっとフラフラしながら走っていました。直線でヨレるのを直しながらの形になった分、勝ち馬に盛り返されました。心肺能力の高さを感じさせる馬です」

3着 ハーツラプソディ(和田竜二騎手)
「頭の高い馬ですが、良馬場ならもう少し脚を使えそうです。自分から動いていくタイプではないので、展開が向けばチャンスがあると思います。もう少しトモに力がついてくると、頭を振って走れるようになると思います」

4着 サーストントラスト(田辺裕信騎手)
「全体に緩いところがあってゲートの出は遅かったですが、そこから挽回するのに、馬群に入るのも苦にしませんでした。直線もよく反応してくれました」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す