スマートフォン版へ

【海外競馬】世界を渡り歩き、中3日でG1を勝利する“鉄の女”マジックワンドが引退

  • 2020年10月29日(木) 21時32分
 2019年の豪G1・マッキノンS(芝2000m)を勝利したマジックワンド(牝5、愛・A.オブライエン厩舎)が引退し、アイルランドで繁殖入りすることがわかった。豪競馬メディア『Racing.com』が29日、報じた。

 マジックワンドは、父Galileo母Prudenziaその父Dansiliという血統の愛国産馬。マッキノンSはメルボルンC(10着)から中3日の参戦となったが、R.ムーア騎手とのコンビでG1初制覇を果たした。また、同レースには日本のスズカデヴィアス(7着)とクルーガー(8着)も参戦していた。

 英・愛・仏・米・香港・豪・首・サウジアラビアと世界を渡り歩き通算成績は28戦4勝。マッキノンSのほか、2018年リブルスデールS(英G2・芝2400m)、2020年ランウェイズスタッドS(愛G2・芝1600m)を勝利、G1での2着が8度ある。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す