スマートフォン版へ

【天皇賞・秋予想】女王アーモンドアイが芝GI8勝の記録達成なるか!?/JRAレース展望

  • 2020年10月31日(土) 20時00分
 かつては春は京都、秋は東京の3200mの勝抜制で実施され、古馬たちの最高峰のレースとして行われてきた。1981年からは過去の優勝馬も出走できるように変更された。

 さらに1984年には東京で開催される秋を2000mに距離を短縮され、1987年には3歳馬も出走可能となった。それによって3000mの菊花賞には進まず天皇賞(秋)を選択するケースも増えている。また秋の中距離王決定戦として位置づけられるようになった。

 第162回を迎える今年は、芝GI最多勝8勝がかかるアーモンドアイ、天皇賞春・秋連覇を目指すフィエールマンらGI馬7頭を含めて12頭の豪華メンバーで争われる。

 ◎はアーモンドアイ

 前走の安田記念ヴィクトリアマイルから中2週で臨んで2着。ルメール騎手も、レース間隔が詰まっていたことで少し疲れがあったかもしれないとコメントしていた。正直全盛期よりは少し落ちるかもしれないが、レース振りを見ると2000mが1番合っている印象があるし、普通に走れば持っているポテンシャルの違いで芝GI8勝達成の可能性は大きいとみた。

 ○にフィエールマン

 長距離馬の印象が強いが、菊花賞を勝つまでは1800mしか走っておらず、昨年の札幌記念(3着)で手綱を取ったルメール騎手も、東京なら2000mも大丈夫とレース後話をしていたとのことで、当然2000mも問題ない。状態は重めだった天皇賞(春)よりむしろ良いようで、熱発でオールカマー回避の影響は全く心配ない。ここは春秋連覇の期待がかかる。

 ▲はクロノジェネシス

 2、3歳前半は、同世代牝馬の中で常に好勝負しながら勝ちきれないでいたが、昨年秋の秋華賞、年が明けて京都記念1着、大阪杯2着、宝塚記念優勝と、昨年秋からの充実振りには目を見張るものがある。ここも当然上位争いは必至で、アーモンドアイとの牝馬対決にも注目したい。

 △は2頭。キセキはスタートで後手を踏むことが多いが、ここ2走はそれでも2着と好走しているように、能力は高い。

 ダノンキングリーは、GIになかなか手が届かないが、良馬場なら好勝負になるはずだ。

 アーモンドアイの芝GI8勝の記録を達成するのか。それとも他馬の逆転があるのか。注目の天皇賞(秋)は、11月1日(日)、15時40分発走だ。

(文:佐々木祥恵)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す