スマートフォン版へ

【ジャパンC】外国馬ウェイトゥパリスはM.デムーロ騎手が騎乗、今年の仏G1サンクルー大賞覇者

  • 2020年11月13日(金) 16時01分
 29日に東京競馬場で行われるジャパンC(3歳上・GI・芝2400m)に出走予定のウェイトゥパリス(牡7、仏・A.マルチアリス厩舎)は、M.デムーロ騎手とのコンビで臨むことがわかった。

 ウェイトゥパリスは父Champs Elysees(その父デインヒル)、母Grey Way、母の父Cozzeneという血統。

 昨年7月のモーリスドニュイユ賞(仏G2)で重賞初制覇、今年6月のサンクルー大賞(仏G1)でG1初制覇を果たした。10月4日の前走、凱旋門賞(仏G1)は9着だった。通算成績は36戦7勝。

 同馬はジャパンCが引退レースの予定。来年からアイルランドのクーラゴンスタッドで種牡馬入りすると発表されている。

 M.デムーロ騎手がJRAのレースで外国馬に騎乗するのは、2010年ジャパンCヴォワライシ(伊・V.カルーソ厩舎)以来、10年ぶり2回目。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す