スマートフォン版へ

サートゥルナーリア、ジャパンC1週前追い切り速報/栗東トレセンニュース

  • 2020年11月18日(水) 13時15分
 ここまで10戦、すべて外国人ジョッキーが跨ってきたサートゥルナーリア(栗東・角居勝彦厩舎)。今回は初めて日本人騎手とのコンビになるが、その池添謙一騎手が跨ってのジャパンC(11月29日・東京芝2400m)に向けた1週前追い切りを行っている。

 1回目のハローが終了した時間帯のCWで単走、というのは先週と同じ。ただ、今回は2コーナーからではなく、正面から入場して、1コーナー、2コーナーをキャンターして向正面へと入っていく。

 その時の様子が実に落ち着いている。6F標識手前あたりの走りは少し気合が足りないのでは、と思えるくらいのスピード。ただ、じわりとラップを速めていき、3コーナーから4コーナー、そして最後の直線へと向いていく。このあたりは宝塚記念の1週前追い切りにも似た雰囲気だったが、今回は単走の分、やはりリラックスしている。

 その分なのか、ゴール前の動きはとんでもなく伸びた。後方にデアリングタクトが追い切っていたので、その比較もできたが、その凄みはさすが古馬といった感じ。前半ゆったりと自分のリズムで走ることができれば、最後はこれだけ脚を伸ばせるということを見せつけた感じ。時計は6F84.8〜5F68.2〜4F52.6〜3F38.1〜1F11.6秒だった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す