スマートフォン版へ

デアリングタクト、ジャパンC1週前追い切り速報/栗東トレセンニュース

  • 2020年11月18日(水) 13時28分
 秋華賞で無敗の牝馬三冠を達成したデアリングタクト(栗東・杉山晴紀厩舎)。レース後は放牧に出されており、11月4日に宇治田原優駿ステーブルから栗東へ帰厩。今朝18日は次走予定のジャパンC(11月29日・東京芝2400m)に向けた1週前追い切りを行っている。

 1回目のハローが終了した時間帯のCWコースで単走。松山弘平騎手が跨っていたが、150mほど前にはサートゥルナーリアが単走の追い切りを行っており、それが視界に入っているのか、少し気持ちが入った走りにも見えた。ただ、行きたがったりする素振りはなかった。

 4コーナーから最後の直線へ向いてくる時にはサートゥルナーリアとの差がかなり詰まっていて、100m弱くらい。そんなこともあってか、鞍上もすぐには追い出さず、しばらくしたところで仕掛ける。すると、しっかり加速して、ゴールへ向かってスピードアップしてフィニッシュとなった。

 時計は6F81.9〜5F66.7〜4F52.1〜3F38.2〜1F12.1秒。走りやすい馬場状態だったが、それにしても、単走で速い時計が出たという感じ。個人的には前方にサートゥルナーリアが走っていたことで、いいラップになったと思うが、これもデアリングタクトを知り尽くしている鞍上だからこその走りだろう。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す