スマートフォン版へ

「貴重な血」継ぐストレートパンチ 障害オープン初Vだ

  • 2020年11月19日(木) 06時00分
 貴重な血を受け継ぐストレートパンチ(牡4歳、美浦・堀井)が、土曜東京8Rの秋陽ジャンプSに出走予定。父はメジロダイボサツ。G1・7勝馬ディープインパクトを父に、G1・5勝馬メジロドーベルを母に持ち、“12冠ベビー”と鳴り物入りでデビューしたが、わずか1勝で現役を引退。いったんは乗馬となったものの、関係者の「血を残したい」との思いで種牡馬の道が開けた。とはいえ、既に種牡馬からも退き、産駒は4頭のみ。現時点でただ1頭(他に1歳世代2頭)JRA競走馬登録を行ったのがストレートパンチだ。

 19年10月に障害入り。9月の中京で待望の初勝利を挙げた。オープン初戦の前走も、積極策でコウキチョウサンの4着と奮闘。堀井師も「いい内容だったね。まだ4歳だし、成長している段階なんだろう」と目を細める。このあとは暮れの大一番・中山大障害(12月26日・中山)へ向かう予定。「障害に入ったからには経験させたい。ましてや貴重な血だからね。そのためにも今回はいい勝負をしたい」と期待をかけていた。(デイリースポーツ・村上英明)

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す