スマートフォン版へ

【もちの木賞レース後コメント】ホールシバン福永祐一騎手ら

  • 2020年11月21日(土) 15時39分
阪神9Rのもちの木賞(2歳1勝クラス・ダート1800m)は8番人気ホールシバン(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分53秒8(良)。1馬身半差の2着に4番人気ダノンハーロック、さらに3/4馬身差の3着に12番人気ゴッドセレクションが入った。

ホールシバンは栗東・高橋義忠厩舎の2歳牡馬で、父パイロ母サマリーズ(母の父Hard Spun)。通算成績は3戦2勝。

レース後のコメント
1着 ホールシバン(福永祐一騎手)
「体的には来年からという感じですが、レースセンスが良く、スタートも追ってからも良いですし、思ったよりも早く勝ってくれましたね」

2着 ダノンハーロック(北村友一騎手)
「体もスッキリして、初戦よりすごく良くなっている感じがしました。上手く好位で流れに乗り、最後も脚を使っています。これからまだ良くなってきそうな感じがしました」

5着 ハンディーズピーク(幸英明騎手)
「理想は勝ち馬くらいの位置でしたが、思ったよりも出られませんでした。終いは伸びていますし、次は楽しみです」

12着 バニシングポイント(C.ルメール騎手)
「勝ち馬の後ろで、ちょうど良い位置でしたが、外に出したら、すぐにバテてしまいました。ダートは初めてですし、ちょっと分かりません」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す