スマートフォン版へ

【東京スポーツ杯2歳Sレース後コメント】ダノンザキッド安田隆行調教師ら

  • 2020年11月23日(月) 17時02分
東京11Rの第25回東京スポーツ杯2歳ステークス(2歳GIII・芝1800m)は1番人気ダノンザキッド(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒5(良)。1馬身1/4差の2着に5番人気タイトルホルダー、さらに3/4馬身差の3着に3番人気ジュンブルースカイが入った。

ダノンザキッドは栗東・安田隆行厩舎の2歳牡馬で、父ジャスタウェイ母エピックラヴ(母の父Dansili)。通算成績は2戦2勝。

レース後のコメント
1着 ダノンザキッド(川田将雅騎手)
「体がだいぶ増えていて、テンションが高かったので、そのあたりを気を付けて乗りました。攻め馬以上にレースでは良い背中をしていました。

 前半力みながらも我慢してくれて、良い内容で直線に向かうことができました。まだ課題ばかりの馬ですが、間違いなく更に良くなっていくと思います。

 これからこの馬らしく成長して、その結果コントレイルのようになれることを期待しています」

(安田隆行調教師)
「初戦が幼く、休ませて成長させようと思いました。今日は久々でテンションが高く、ゼッケンの下から泡が見えたほどでした。

 レースでは少頭数でもあり、スムーズな思っていたような競馬ができました。

 この後は様子を見て、問題なければホープフルステークスを目指したいと思っています。東京コースを今日経験しましたが、次は中山の4つのコーナーを経験させたいと思います。

 まだ進化の途上で、まだまだこれから良くなってくると思っています。この馬の飛躍を期待しています」

2着 タイトルホルダー(戸崎圭太騎手)
「追い切りは良かったのですが、返し馬から気が入って、レースでもムキになって走っていました。その中でもこれだけ走っていますし、能力のある馬だと思います。これから楽しみです」

3着 ジュンブルースカイ(武豊騎手)
「テンションは高かったのですが、レースでは落ち着いて走っていました。レースが上手で、相手なりに走ってくれる馬です」

4着 プラチナトレジャー(田辺裕信騎手)
「リズム良く走っていました。最後も脚を使ってもう何頭か抜かす勢いがありました。良い面を見せてくれたと思います」

6着 ドゥラヴェルデ(C.ルメール騎手)
「まだ大人じゃないですね。もう少し長い距離の方が良いかもしれません」

8着 レインフロムヘヴン(M.デムーロ騎手)
「競馬に行くとテンションが上がっていました。今日はブリンカーに戻しましたが、ずっとハミを噛んで抜かずに走っていました」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す