スマートフォン版へ

【ジャパンC】コントレイル驚回復 福永絶賛「驚くぐらいの良化度合い」

  • 2020年11月26日(木) 07時00分
 「ジャパンC・G1」(29日、東京)

 やはり、無敗三冠馬の底力はダテじゃない。コントレイルは25日、福永を背に栗東坂路で最終リハ。併走遅れを喫した1週前追いから一転、うなるような加速で駆け上がり、上昇ムードを漂わせた。世紀の一戦へ向けて離陸準備はOKだ。

 人知を超えた回復力に、ただ驚くばかりだ。菊花賞から中4週で迎えるジャパンCコントレイルがきっちりと態勢を整えてきた。

 朝一番の栗東坂路を駆け抜けた無敗の三冠馬。これまで担当の調教助手が行ってきた最終リハだが、その背には主戦・福永の姿があった。単走馬なりで4F53秒3-38秒7-12秒2。ラスト2Fは四肢を伸ばし、うなるように加速した。「今まで最終追い切りにまたがることはなかったけど、非常にいい動きだったと思います」とうなずく。

 1週前追い切りではキャリア初の併走遅れ。菊花賞の疲れが不安視されていた。その後は20日のゲート練習、そして24日はトレセン全休日にもかかわらず、主戦自ら志願して坂路調教にまたがるなど、入念にコンタクトを取ってきた。「しっくりこない感覚はありました」。こう振り返った先週とは雲泥の差。「確認したのは身のこなし、トモの動き。それが良くなった。こちらが驚くぐらいの良化度合い」と上昇ぶりに目を丸くした。

 相棒の驚異的な回復に、手綱で応えたい。「素晴らしい能力は結果で証明しているし、前走で精神力の強さも示せた。ただ、瞬発力に関してはまだ使わせていないところもある。今まで発揮した以上の末脚を持っている」と、極限まで引き出すことを約束した。

 今世紀最大とも言われるビッグマッチ。決戦の日は刻一刻と迫っている。「こんなにワクワクするレースの当事者でいられるのは、光栄で幸せなことだと思っています」と誇らしげに話した福永は、負けられない思いも口にする。「3強のうち2頭は牝馬。ここはオトコの意地を見せたい」。さあ準備は整った。最強の3歳牡馬が、真の王者の座に君臨する。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す