スマートフォン版へ

【ジャパンC】アーモンドアイ 有終9冠 無敗三冠馬退け最強証明 獲得賞金歴代1位に

  • 2020年11月30日(月) 06時05分
 「ジャパンC・G1」(29日、東京)

 手に汗握る最後の直線。三冠馬3頭激突という世紀の一戦を、1番人気のアーモンドアイが鮮やかに制した。2着コントレイル(2番人気)、3着デアリングタクト(3番人気)を退け、自らのラストランを圧巻のG1V9で飾った最強女王は、これでキタサンブラック超えの歴代獲得賞金王に。年度代表馬争いにおいても一歩リードした。

 無敗の3歳三冠馬2頭に初めて土をつけたのは、やはりこの馬だった。役者が違う。力が違う。1番人気に推されたアーモンドアイが、自身のラストランを圧巻のG1V9で締めくくった。

 世紀の一戦に決着がついた瞬間、場内からわき起こる拍手と歓声。何度も人さし指を立ててNo.1をアピールしたルメールは「さすがはアーモンドアイ。素晴らしい脚を使ってくれた。絶対に日本で一番強い馬。それ(を証明できたこと)がうれしい」と胸を張った。

 序盤からキセキが大きく離して逃げる展開を5番手のインに導いた。「1、2コーナーは前に馬がいなくて走りたがっていたけど、川田さんの馬(グローリーヴェイズ)の後ろに入れたらリラックスした。この感じなら勝てると思いました」。直線に入ってスパートの合図を送ると、馬場の真ん中を一直線に伸び続ける。「後ろの足音は聞こえなかった。アーモンドアイの上で集中していました」。力強く、そして華麗に。最後まで女王らしく先頭でゴールに飛び込んだ。

 涙はない。前走の天皇賞・秋で芝G1・8勝の新記録を達成した時は感情を爆発させたが、「今回はたぶん(泣くことは)ないね。前回は新記録のプレッシャーがあったけど、きょうは“サヨナラパーティー”だから。全然悲しくない。いい騎乗ができて安心しています」と笑顔でパートナーにお別れのキス。レース後の会見では、バーバラ夫人手作りの9つの星をあしらった記録更新マスクを着用して明るく振る舞った。

 17年8月のデビューから全15戦中14戦で手綱を取った。「スタートのスピードがあるし、道中も我慢できて、最後も素晴らしい脚を使うことができる。パーフェクトホースです」。生涯最高のパートナーに最大級の賛辞を送るとともに「3年間で大きなエモーション(感動)をもらった。彼女に感謝したい」と頭を下げた。

 現役生活をハッピーエンドで締めたが、次は繁殖牝馬として第二の仕事が待っている。「アーモンドアイのストーリーは終わっていない。いい子を生んだら、たぶん乗れる」。歴史的名牝が紡ぐ人馬の絆。その瞳には明るい未来しか映っていない。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す