スマートフォン版へ

【チャレンジCレース後コメント】レイパパレ川田将雅騎手ら

  • 2020年12月05日(土) 17時15分
阪神11Rの第71回チャレンジC(3歳以上GIII・芝2000m)は1番人気レイパパレ(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒9(良)。1馬身半差の2着に2番人気ブラヴァス、さらに半馬身差の3着に3番人気ヒンドゥタイムズが入った。

レイパパレは栗東・高野友和厩舎の3歳牝馬で、父ディープインパクト母シェルズレイ(母の父クロフネ)。通算成績は5戦5勝。

レース後のコメント

1着 レイパパレ(川田将雅騎手)
「返し馬から気持ちが入りすぎてしまい、お父さんやお母さんの血が騒ぎすぎなければという気持ちでした。何とか我慢させようと言い聞かせながらの道中でした。能力が高いのは間違いないのですが、レースでのコントロールが難しくなってきています。今日は2000mで勝ってくれましたが、そのあたりの対応が課題になると思います。もう少し穏やかに走ることを覚えていければと思います」

2着 ブラヴァス(福永祐一騎手)
「だいぶ馬もバランスが良くなっています。最後伸びていたのですが、右にもたれて勢いが鈍ってしまったのが痛かったです。力をつけてきています」

3着 ヒンドゥタイムズ(武豊騎手)
「内枠、好枠から道中いい感じで絶好の競馬ができましたが、決め手の差ですかね」

4着 サトノクロニクル(藤井勘一郎騎手)
「今日は初ブリンカー。いつもは3、4コーナーで忙しくなるのですが、今日は集中力が増してまた違う一面が出ました」

5着 ジェネラーレウーノ(三浦皇成騎手)
「自分のリズムでと思っていましたが行く形になってしまい、勝ち馬に手応えよく番手につけられて、ラップよりも厳しい競馬になってしまいました。枠が内外逆なら良かったのですが。それでも粘っていますから馬は良くなってきていると思います」

8着 ロードクエスト(幸英明騎手)
「前に壁を作ったのですが、向正面に出て引っ掛かってしまいました。後ろで我慢出来ていたら良かったのですが」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す