スマートフォン版へ

【メイクデビュー中京5Rレース後コメント】ヤマニンルリュール武豊騎手ら

  • 2020年12月06日(日) 14時31分
中京5Rのメイクデビュー中京(芝1400m)は2番人気ヤマニンルリュール(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分20秒9(良)のレコード。3馬身半差の2着に3番人気ドナライトニング、さらにハナ差の3着に5番人気ロゼクランが入った。

ヤマニンルリュールは栗東・木原一良厩舎の2歳牝馬で、父ヴィクトワールピサ母ヤマニンプチフール(母の父フレンチデピュティ)。

レース後のコメント
1着 ヤマニンルリュール(武豊騎手)
「強かったですね。調教から動いていて、前向きすぎるところがあり心配していましたが、リラックスさせながら走ることができました。良いストライドで走っていました」

(木原一良調教師)
「ゲートがどうかと思っていて、してほしくないレースになりましたが、勝ってくれたので能力が高いです。(気性が)子供っぽさが抜けないので、落ち着いてくればと思います。今後が楽しみです。次走は未定です」

2着 ドナライトニング(田辺裕信騎手)
「スタートセンスが良く、普通に競馬をしていました。直線も頑張っていました。勝ち馬が強かったですね。若さもありますが、これからの馬です」

3着 ロゼクラン(和田竜二騎手)
「ゲートは速かったですね。流れが速く、それに乗りすぎてしまったところはありますが、気は真面目で競馬も上手です。短いところに向いていると思います」

4着 トゥールアンレール(C.ルメール騎手)
「忙しかったですね。1600mくらいの方が良いと思います。良いストライドを持っている馬です」

5着 ラキエスヴィブロ(松若風馬騎手)
「おっとりしているところはありますが、走ることには真面目です。今日はペースが速く、(この馬は)速い脚はないのですが、バテずにしぶとく頑張ってくれました」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す