スマートフォン版へ

モンテリーゾ騎手、負傷のため帰国

  • 2007年01月10日(水) 16時00分
 JRAは10日、短期免許騎手で来日していたイタリアのマルコ・モンテリーゾ騎手(27)が、負傷の療養のため帰国したことを発表した。これに伴い、騎手免許は1月8日付で取り消された。当初の免許期間は1月6日から3月5日までの予定だった。

 同騎手は昨年1月に初めて短期免許を所得し、昨年11月25日〜12月24日に続き、1月6日からの免許も取得したが、7日京都5R騎乗後に腰痛(椎間板ヘルニア再発の疑い)を発症し、以後の騎乗を取りやめていた。JRA通算129戦6勝(06年5戦0勝)。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す