スマートフォン版へ

【メイクデビュー中山4Rレース後コメント】ジュンダイハード田辺裕信騎手ら

  • 2021年01月11日(月) 14時25分
中山4Rのメイクデビュー中山(牝馬・ダート1200m)は6番人気ジュンダイハード(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分14秒6(良)。1馬身半差の2着に2番人気ミヤコノアカリ、さらにクビ差の3着に7番人気ニースバローズが入った。

ジュンダイハードは美浦・中舘英二厩舎の3歳牝馬で、父エイシンヒカリ母ニシノプルメリア(母の父Singspiel)。通算成績は1戦1勝。

レース後のコメント
1着 ジュンダイハード(田辺裕信騎手)
「敏感なところがあると聞いていましたが、競馬の実戦ではいい方に出ました。ダッシュ良くいい形でレースができました。道中は新馬戦らしく気を遣いながらでしたが、余力を残して直線に向くことができました。初戦としては上々のレースでした」

2着 ミヤコノアカリ(C.ルメール騎手)
「スタートが速くスピードがあります。今回の1200mが丁度いい距離です。小さな馬ですが、使って良くなりそうですし、勝てる力を持っています」

3着 ニースバローズ(斎藤新騎手)
「体の小さな馬ですが、バランスが良く、気性が前向きです。最後まで脚を使いました。レースを使いながら良くなると思います」

4着 アウリッシュ(三浦皇成騎手)
「もう少し長い距離の方が良さそうです。この距離は忙しい感じでした。道中にもっと脚を溜めた方が良い脚を使えそうです。まだこれから良くなる馬です」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す