スマートフォン版へ

【JRA】1月11日の新馬戦で1000m通過タイムが1分11秒1に、ダート戦では史上初の最遅記録

  • 2021年01月11日(月) 15時08分
 11日、中山6Rで行われた3歳新馬(ダ1800m・10頭)は、10番トミケンベレムド(牡3、美浦・小西一男厩舎)が5番ヤギリエール(牝3、美浦・小西一男厩舎)に2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分01秒9(良)。

 トミケンベレムドは父エスケンデレヤ母エーシンシルビア、母の父スペシャルウィークという血統。

 レースの1000m通過タイムは71秒1。ダート戦での1000m通過タイム70秒台は1986年以降、最も遅い記録となった。

 過去には、以下の芝レースで1000m通過タイム70秒台が記録されている。

※左から年月日、レース、勝ち馬、1000m通過タイム

2014年12月14日 2歳新馬(芝2000m) カルナヴァレスコ 70.4

1998年9月6日 3歳新馬(芝1800m) ヤマニンアクロ 71.0

1996年8月31日 3歳新馬(芝1800m) メジロブライト 72.0

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す