スマートフォン版へ

【日経新春杯】超良血馬アドマイヤビルゴ爆発準備OK!友道師、馬体成長にも手応え

  • 2021年01月14日(木) 06時00分
 「日経新春杯・G2」(17日、中京)

 期待の超良血馬アドマイヤビルゴが13日、栗東坂路で万全の仕上がりをアピールした。軽めの調整だったが、フットワークは軽快だ。重賞タイトルをつかみ、さらなる大舞台に弾みをつける。

 もう調整程度で十分だった。アドマイヤビルゴは栗東坂路で単走。最初の1Fは、14秒9とゆったりとしたペースで入る。残り2Fで軽く促されると、しっかりとギアチェンジ。最後までステッキが使われることはなかったが、力強い脚さばきを披露し、1Fごとに加速する理想的なラップで4F55秒2-40秒3-12秒8を刻んだ。

 時計自体は強調するほどのものではなかったが、友道師は「先週に3頭併せでしっかりとやっているからね。今回は間隔も比較的詰まっているし、これくらいで十分」と満足そうにうなずく。「体的にそんなに変わりはないけど、乗り手は“すごく良くなっている”と言っている。中身が詰まってきていると思う」と馬体の成長にも手応えをにじませた。

 中間は主戦の武豊とも話をして、3、4コーナーの勝負どころでズブくなる点を意識的に調整してきた。「先週、(藤岡)康太が乗って、しっかりと自分からハミを取っていたしね」と指揮官。久々の重賞挑戦で相手も一気に強化するだけに、課題を修正して万全の態勢を整えてきた。

 大目標である大阪杯(4月4日・阪神)に向けて、試金石となる一戦。「一線級とやっていないけど、相手なりに走れるはず。2200メートルも守備範囲」と師の期待は大きい。腰痛で先週の騎乗を見送った鞍上も、コンディションを整えて戻ってくる。17年当歳セレクトセールにて、5億8000万円(税抜き)で落札された超良血馬が、自らの真価を見せつける。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す