スマートフォン版へ

【愛知杯】マジックキャッスル重賞初V 戸崎圭が会心の騎乗!強気なレースで導いた

  • 2021年01月17日(日) 06時02分
 「愛知杯・G3」(16日、中京)

 2番人気のマジックキャッスルが、中団から末脚を伸ばして鮮やかな勝利。2019年7月の新馬戦(福島)以来となる久々の勝ち星が、待望の重賞初制覇となった。

 そのデビュー戦から3戦連続で騎乗し、19年ファンタジーS2着以来のコンビとなった戸崎圭は、「道中をいい感じで走れたので、自分から動く強気なレースをしました。最後もよく伸びてくれましたね」と会心の騎乗に表情が緩んだ。

 この日はプラス12キロで自己最高の444キロ。それでも太め感は全くなかった。国枝師は「昨春はワンパンチが足りなかったけど、秋からグングン成長してくれた。外が伸びない馬場でも差し切ってくれましたから」と勝ちっぷりを高く評価した。

 今後について指揮官は「春はヴィクトリアM(5月16日・東京)を目標に。その前にどこか1度レースを使うことになるかな」とプランを明かす。厩舎の金看板だったアーモンドアイは引退したが、カレンブーケドールサトノレイナスと牝馬のオープン級がズラリとそろう国枝勢。21年も重賞の舞台で存在感を大いに見せつけてくれそうだ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す