スマートフォン版へ

【根岸S】アルクトス、3頭併せで1馬身遅れも問題なし 栗田師「順調」

  • 2021年01月22日(金) 06時00分
 「根岸S・G3」(31日、東京)

 チャンピオンズC9着以来となるアルクトスは21日、美浦Wで3頭併せを敢行。ダルムシュタット(4歳1勝クラス)を1秒6、スイートセント(5歳2勝クラス)を1秒と、大きく追走する形でスタートした。直線は2頭の間を狙って一杯に追われたが、1馬身遅れを取る形でフィニッシュラインを通過した。

 タイムは5F66秒3-38秒9-14秒0。栗田師は「負荷をかけるためにWコースに入れた。この先のフェブラリーSを目標にして、順調に来ている。ここを使った後に何もなくなると困るので」と問題なしを強調した。大一番を見据えた上での仕上げで、まだまだ上昇の余地は残っているようだ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す