スマートフォン版へ

【POG】エスコーラ水準以上の動き スケール大きいサリオス異父弟

  • 2021年01月22日(金) 06時00分
 「新馬戦」(24日、中京)

 日曜中京6R(芝1600メートル)でデビューするエスコーラ(牡、父ディープインパクト、栗東・中内田)は、19年朝日杯FSの覇者で、2020年の皐月賞ダービー2着馬サリオスの異父弟。全姉サラキアが、20年のエリザベス女王杯有馬記念で2着に好走したシーンは記憶に新しい。

 今開催2日目に除外されてスライドする形になったが、その分、乗り込みは進んだ。直前は川田が騎乗し、栗東CWで6F86秒7-39秒8-12秒3をマーク。楽な手応えで追走先着を果たした。「緩さが残る中でも水準以上の動きを見せていますし、血統面からも期待の大きな馬。どんな競馬をしてくれるか楽しみ」と片山助手。推定500キロ。スケールの大きい走りで初戦を突破してみせる。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す