スマートフォン版へ

永島まなみ 夢舞台で活躍だ「年間30勝して新人賞獲りたい」今週小倉でデビュー

  • 2021年03月02日(火) 07時00分
 JRAでは今週、8人の新人騎手がデビューを果たす。その中で古川奈穂(20)=栗東・矢作、永島まなみ(18)=栗東・高橋康=の2人は、藤田菜七子(23)以来5年ぶり、栗東トレセンでは10年2月に引退した西原玲奈以来11年ぶりの女性ジョッキーとなる。尊敬する菜七子の背中を追い、大きな一歩を踏み出す。

 憧れていた夢舞台。いよいよそのステージに立つ時が来た。地方競馬で名をはせた父の背を追い続ける永島まなみが、今週の小倉でデビューする。「少し緊張していますが、それ以上に楽しみな気持ちの方が大きい」。真っすぐな視線としっかりとした口調に、誠実さが伝わってくる。

 スタイルが良く、柔軟性のあるフォームが特徴的。「女性特有の当たりの柔らかさを生かし、磨きをかけていきたい」。フレッシュさも前面に押し出していく。「(斤量が)4キロ減なので、それを生かした積極的なレースがしたい」。まずはアドバンテージを生かし、勝利を追い求める。

 当面の目標は“初勝利”。「そこから一つ一つ勝ち星を積み重ねていきたい。次の目標は30勝。年間30勝して新人賞を獲りたいです」。初めて目にしたG1は、レッツゴードンキが制した15年桜花賞だった。「感激しました。しかも鞍上は、小さい頃からお世話になった岩田康誠さんでしたから」。夢は大きく、「日本ダービー桜花賞を勝つのが目標です」と目を輝かせる。

 先輩の藤田菜七子は目標の一人。「男性相手に正々堂々と騎乗されていますし、尊敬しています」。そして2歳年上で同期デビューの古川奈穂は「同じ女性騎手として頼りになる存在」だ。だが、競馬ではライバル。「負けたくない気持ちはあります」とキリッとした表情を見せた。座右の銘は“一生懸命”。全力プレーに注目だ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す