スマートフォン版へ

【マーチS結果】レピアーウィットが押し切り重賞初V アメリカンシードは14着

  • 2021年03月28日(日) 15時38分
 28日、中山競馬場で行われたマーチS(4歳上・GIII・ダ1800m)は、好位でレースを進めた石橋脩騎手騎乗の6番人気レピアーウィット(牡6、美浦・堀宣行厩舎)が、直線で先頭に立って、最後は外から差を詰めてきた2番人気ヒストリーメイカー(牡7、栗東・新谷功一厩舎)に1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分51秒0(稍重)。

 さらに3馬身差の3着に3番人気メモリーコウ(牝6、栗東・松永幹夫厩舎)が入った。なお、1番人気アメリカンシード(牡4、栗東・藤岡健一厩舎)は14着に終わった。

 また、9番人気ベストタッチダウン(牡5、栗東・橋口慎介厩舎)は最後の直線で故障を発症し競走を中止した。

 勝ったレピアーウィットは、父ヘニーヒューズ母ランニングボブキャッツその父Running Stagという血統で、全兄には2013年の朝日杯FSを制したアジアエクスプレスがいる。これが待望の重賞初制覇となった。

マーチSダイジェスト>

スーパープレミアムコースでは全レースのフル映像のほか、各場毎のダイジェスト映像をご視聴いただけます

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す