スマートフォン版へ

【大阪杯予想】圧倒的人気馬の連敗をコントレイルが止めるのか/JRA重賞レース展望

  • 2021年03月29日(月) 21時08分
 先週末の高松宮記念で幕を開けた2021年春のGIシーズン。今週は、昨年3冠馬コントレイルと短距離最優秀馬グランアレグリアの対決に注目が集まる大阪杯が開催されます。大きな波乱といえるのは9番人気のアルアインが勝った2019年だけで、堅い決着になりがちですが、コンスタントに穴馬が馬券内に激走し好配当を演出しています。

 さあ、毎週頭に重賞の中からnetkeibaのAI予想が注目した本命候補を紹介している当コーナー。2021年のGI開幕となったフェブラリーSでは9番人気エアスピネルを激走注目馬としてピックアップ。金鯱賞では大波乱の主役ギベオンを4番手評価とし3連複346倍的中を仕留めました。

 今回も、枠順や当日の馬場状態予測などが反映されていない、あくまでも現時点での想定とはなりますが、大阪杯の本命候補をご紹介します。

【単勝1倍台がなかなか勝てない状況を変えるか】

 2017年からGIに昇格した大阪杯。前述のように基本的には1〜3番人気の信頼度が高く、堅い決着になりがち。ただし、今年は京都競馬場が使えないぶん阪神開催が多く、馬場状態は例年と異なるため紛れが起こりやすい状況でもあるといえます。

 今年の大阪杯は、コントレイルが単勝1倍台の1番人気、続いて短距離女王グランアレグリアが追うという恰好。ただ直近の重賞では弥生賞ダノンザキッド金鯱賞デアリングタクト阪神大賞典アリストテレスなど、単勝1倍台の人気馬がチューリップ賞メイケイエール以来連敗中と、圧倒的な人気馬が敗れるケースが目立っています。その中で今回、netkeibaのAIが示した現時点の本命候補は、コントレイルでした。

 昨年の牡馬クラシック3冠馬で、8戦中敗戦は昨年のジャパンカップアーモンドアイの2着のみと、無類の強さを誇るコントレイル。不安材料といえば、そのジャパンカップ以来となることですが、3冠後、阪神大賞典で逸走したオルフェーヴルとは違い、気性も落ち着いています。皐月賞は3か月半ぶり・神戸新聞杯も4か月ぶりと間隔が空いても快勝しているので、久々でも問題ないでしょう。

 また、例年より使われている阪神競馬場の馬場に、現時点(月曜)で日曜は雨予報。荒れた馬場への対応力はどうかというところですが、時計の掛かる馬場だった皐月賞菊花賞と実績があり、こちらも問題ないと見ています。

 コントレイルが単勝1倍台の圧倒的支持を受け、連敗を止める可能性は大。一方で、1〜3番人気の上位独占はこれまで一度もなく、必ず伏兵が馬券に入るため、ウマい配当を狙うにはヒモの選定がキーになってきます。週末にはAIの弾き出した最終決断を公開予定。お楽しみに。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す