スマートフォン版へ

【大阪杯】サリオス迫力満点!2強にリベンジ態勢 軽快リハで万全、G1・2勝目奪取だ

  • 2021年04月02日(金) 06時01分
 「大阪杯・G1」(4日、阪神)

 壁を乗り越えることができるか-。昨秋のマイルCS以来となるサリオスが1日、美浦Wで最終調整。最後まで馬なりに終始したが、迫力満点の動きで堀師も合格点を与えた。2020年、完敗を喫したコントレイルグランアレグリアとの再戦舞台。リベンジを果たす準備は整っている。

 心地良い早春の風を全身に受けながら、サリオスが軽快な脚取りで最終リハを終えた。

 美浦Wで先導するカフェクラウン(5歳3勝クラス)を5、6馬身ほど前に見ながら進み、直線は内へ潜り込む。最後まで鞍上の手はピクリとも動かなかったが、文句なしのフットワークで6F84秒6-38秒5-12秒7を刻み、併入に持ち込んだ。

 「先週は少し強めに負荷をかけたが、その反動もなく順調に来れたので、今週は輸送もあるので微調整。メンタル面を整えたり、基本的な確認をした」と堀師は追い切りの意図を説明。「さじ加減としては少し(時計が)速かったかなと思うけど、キャリアの中で一番、順調に来られているなと思う」と仕上げに胸を張った。

 「今回のパフォーマンス、レース後の状態次第」と前置きしながら、「次は安田記念を大本線に予定しているので、そこに向かうためにも、ここから」。二千は決してベストとは言えない距離。それでも、レース間隔などを考慮し、馬の状態を最優先させて、ここに照準を定めた。

 それに応えるように、確実な成長曲線を描いている。「まだ、左から右へ手前を変えるのに少しモタつくけど、徐々に良くなっている。今は心身のバランスが取れています」とうなずく。20年の皐月賞ダービーで、ともに後じんを拝した宿敵コントレイルと久々の対戦。ひと皮むけた姿で厚い壁を撃破し、2つ目のビッグタイトルを狙う。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す