スマートフォン版へ

【桜花賞】ソダシ文句なし 白毛馬初クラシック制覇&8頭目の無敗桜女王へ

  • 2021年04月08日(木) 06時01分
 「桜花賞・G1」(11日、阪神)

 白毛馬初のクラシック制覇、そして昨年のデアリングタクトに続く2年連続8頭目となる無敗の桜の女王へ。昨年の2歳女王ソダシが栗東坂路を楽な手応えで駆け上がり1馬身半先着。状態の良さを見せつけた。本番に向けて不安は全くない。

 態勢は万全だ。ソダシは7日、栗東坂路でマジカルステージ(3歳1勝クラス)を2馬身追走する形でスタート。降雨の影響で渋った馬場も苦にせず楽々と駆け上がり、残り1F過ぎで並び掛けると楽な手応えのままゴールにたどり着いた。4F54秒5-39秒1-12秒5。4週連続で吉田隼が騎乗し、中間は手抜かりなく仕上げてきた。最後の味付け程度だったが、力強い脚取りから仕上がりの良さが見て取れた。

 須貝師も「もうそこまで追う必要はなかったですからね。雰囲気が上がってきてくれればいいと。言葉が見つからないくらいにうまく調整できたと思います」と胸を張った。ムードは最高潮。不安は全くない。

 白毛馬として常に注目を集めるアイドルホース。デビュー2連勝で札幌2歳Sを制すると、アルテミスSでは初の長距離輸送を克服して上がりの速い競馬にも対応。そして阪神JFでは内から迫るサトノレイナスを鼻差で封じ込む勝負根性で無敗の2歳女王に輝いた。走るたびに違う強さを見せてきた実力は本物だ。

 引き続き同じ舞台での一戦。指揮官は「サトノレイナスにかわされそうでも並んでから差し返しましたからね。リズムさえ崩れなければどんなレースでもできます。(阪神の)タフな馬場も対応できる。この馬にとってはマイナスにならない」と泰然自若の構えだ。

 白毛馬初のクラシック参戦でVという偉業達成へ。「コロナ禍で少しでも明るいニュースを提供できれば。緑のターフに真っ白な花を咲かせることができれば」と須貝師。新たな伝説が始まる。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す