スマートフォン版へ

【桜花賞】勝負強さは母アパパネ譲り!アカイトリが2大ジンクス破る/トレセン発秘話

  • 2021年04月08日(木) 18時00分
 “二刀流”大谷翔平の活躍を「まるで漫画のようだ」と称賛する声が続々と上がっている。投げては101マイルの剛球、打てば97マイルの速球を驚弾だから、メジャーリーガーすら脱帽するのも当然だろう。そして、今週は“漫画のような馬”が登場する。3連勝でGIIIクイーンCを制し、桜花賞(11日=阪神芝外1600メートル、全馬55キロ)に駒を進めてきたアカイトリノムスメである。

 母は10年の3冠牝馬アパパネ、父も05年に牡馬3冠を達成したディープインパクト。血統背景だけでも物語の主役にふさわしいが、最も“漫画チック”なのは自身の戦歴だろう。新馬戦を負けて2戦目の東京・未勝利で初V(勝ち時計1分35秒9)。続く赤松賞を連勝(同1分34秒5)の戦歴は母とうり二つ。しかも2戦のV時計すら母と寸分たがわないのだ。かつて当欄は、それを「奇跡の系譜」と記したが、加えて前走のV時計1分33秒3まで母の桜花賞V時計と同じなのだから、まさに出来過ぎたストーリー。恐るべくはDNAの力である。

「この子はアパパネが母になって初めて出した牝馬。兄のモクレレは調教で反抗するなど、母の勝気な気性がマイナスに作用する面が見られたけど、こちらは素直で母の個性をいい形で受け継いでいる。クイーンCは早め先頭に立つ厳しい競馬でしのいでくれたし、競馬に行っての芯の強さはよく似てるよね」

 こう語るのは国枝厩舎の番頭格・鈴木勝美助手。

 GI5勝の最大着差が秋華賞の3/4馬身差だった母同様に派手さはない。しかし、競り合いで負けない勝負強さ。それこそが母譲りなのだろう。もっとも、今回の桜花賞には強烈な2大ジンクスが待ち受けている。ひとつはグレード制導入86年以降、クイーンC勝利馬の制覇がないこと。もうひとつは母子制覇が皆無であることだ。

アパパネのようにチューリップ賞から本番に駒を進めるのが理想かもしれないけど、母より30キロも軽い小柄な牝馬。カイバをしっかり食べてメリハリが出てきた今の姿を見れば、間隔を空けたことは正解だったと思う。スケール感ではサトノレイナスが上だろうけど、彼女が負けるならアカイトリノムスメって気もする。母と同じく一戦ごとに、どんどん良くなっているからね」(同助手)

 かつてはチューリップ賞組が断然だった桜花賞も、近3年の優勝馬はすべて非トライアル組。傾向を踏まえれば、過去の歴史を覆す、それこそ漫画のようなゴールシーンがあっても決して驚きはないだろう。

(美浦のスポ根野郎・山村隆司)

東京スポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す