スマートフォン版へ

レイパパレが今年の世界ランク牝馬首位タイに、芝ダートとも最上位はミシュリフ

  • 2021年04月09日(金) 19時25分
 IFHA(国際競馬統括機関連盟)から「ロンジンワールドベストレースホースランキング」が発表された。

 今回の中間発表は2021年1月1日から4月4日までに実施された世界の主要レースが対象で、新たにドバイワールドカップデーの諸競走、ザ・ギャラクシー(豪G1)などが加わった。

 ランキング首位はミシュリフとミスティックガイドの2頭で、レーティングは122。

 ミシュリフはダートのサウジCに続き、芝のドバイSC(UAEG1)も同じレーティングとなり、双方で最上位に。これにダートのドバイWC(UAEG1)を制したミスティックガイドが並んだ。

 3位タイ(121)はエデュアルドとネイチャーストリップの2頭。ザ・ギャラクシーを制したエデュアルドが新規にランクイン。

 5位タイ(120)はシャーラタンエグザルタント、ゴールデンシックスティ、ライフイズグッド、ロードノースの5頭。ドバイターフ(UAEG1)を制したロードノースが新規のランクイン。ライフイズグッドは前回の119から上方修正された。

 日本調教馬は大阪杯(GI)を勝ったレイパパレが14位タイ(118)で最上位。ビホルダーMS(米G1)を勝ったスイススカイダイバーと並び、牝馬トップタイの評価となった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す