スマートフォン版へ

【皐月賞】ディープモンスター 怪物への階段を一歩一歩…池江調教師“辛口評価”のワケ/トレセン発秘話

  • 2021年04月14日(水) 21時00分
 2006年に管理馬2頭(フサイチジャンクダイアモンドヘッド)を出走させて以来、池江泰寿調教師は数多くの名馬を皐月賞に送り出してきた。特に近10年(11〜20年)は毎年、管理馬が出走する“皆勤賞”。もちろん、ただ送り出すだけではなく、しっかりと結果を出すのが超一流の証し。言わずと知れた後の3冠馬オルフェーヴルが11年に厩舎初の皐月賞のタイトルをゲットすると、17年にはアルアインペルシアンナイトによるワンツーフィニッシュという離れ業まで演じている。そして連続11年目となる今年、池江厩舎が送り出すのが、ディープインパクト産駒の新たな怪物の期待がかかるディープモンスターだ。

 その蹄跡の始まりは昨年8月23日の小倉新馬戦。なんと返し馬中に鞍上・武豊を振り落として、そのまま競走除外となる波乱に満ちたものに。気性の荒さをモロに露呈することになったのだが、むしろ「破天荒」と称されたオルフェーヴルばりのエピソードが彼の大物感をより際立たせるものになったとも言えようか。

 仕切り直しの京都新馬戦で楽々と勝ち上がりを決めると、1勝クラスを2戦で突破。そして前走のすみれSではレース直前に落鉄、さらにはスタート後に外に膨れる幼さを見せながらも2馬身半差の圧勝を飾ってみせた。

 4戦3勝、2着1回。ここまでの歩みを池江調教師は「もともとモンスター級の素材ではあるけど、一走一走しっかりと段階を踏んでいる点は期待通りだね。(気性的には)まだ油断ならないところもあって、前走の中間にも鞍上が落とされたりしているんだが、だいぶ破天荒さはなくなってきている」と振り返る。

 ただ、ディープモンスターの現状については「良くなってはきているが、まだ線が細くて…。カイ食いはまずまずなんだけど、まだ実になっていない感じなんだよね。今回は重賞勝ち馬が相手になるし、舞台も中山よりは広くて直線の長い東京(ダービー)のほうが向いているでしょうね」と皐月賞を目前に控えても評価は辛口。これには池江師独自の“皐月賞観”が下地にある。

「あくまで見据える先はダービーです。いわば皐月賞ダービーに向けてのステップ、試金石ですね。世代のトップクラスと同じレースで刀を交え、どれくらいの競馬ができるか、まずは確かめないと。時計の比較などは机上の計算にすぎないですから」

 皐月賞(18日=中山芝内2000メートル)はあくまでステップ。その先を見据えて馬をつくっていく3冠馬トレーナーの深謀遠慮が全ての発言につながっているのだろう。

 まだまだ成長段階にあり、位置付け的にはダービーに向けての通過点にすぎない皐月賞ではあるが、それでも勝ってダービーに向かうのが最も理想的なのは言うまでもなかろう。名伯楽の予想をも上回る成長力を見せさえすれば、それが現実のものになっても驚けないし、それでこそディープ(産駒の)モンスターと呼ぶにふさわしい。

(元広告営業マン野郎・鈴木邦宏)

東京スポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す