スマートフォン版へ

【エーデルワイス賞 予想】地元馬優勢の傾向を示す一戦 ポテンシャル秘めるあの馬に注目

  • 2021年10月13日(水) 18時00分
 JRA勢の上位独占も多いダートグレード競走にあって、唯一、地元馬優勢の傾向を示すのがこのエーデルワイス賞だ。JRA勢の優勝は2016年のリエノテソーロ以降なく、また過去10年で見ても、地元馬が連に絡まなかった年はない。予想をする上でも、あくまで地元勢中心の考え方を採るべきだろう。

 その中でも、ステップレースでしっかりと結果を残してきた馬たち、フルールカップのスティールルージュリリーカップスピーディキックイノセントカップレディーアーサーは当然、勝利に近い存在だ。これに、牝馬重賞路線で上位争いを続けてきたエイシンヌプリを加えた4頭が、今年の地元馬上位グループということになる。徹底先行型のスティール、自在型のレディー・エイシン、直線勝負型のスピーディ、どの馬の良さが生きるかは展開次第だが、激流必至の様相で、脚をタメて運べるタイプの方が狙いは立てやすい。

 実績は上記4頭に及ばないものの、スカーレットピースもポテンシャルは互角以上のものを秘めている。リリーカップでも本命視したが、改めてその素質を見直したいと筆者は考えている。リリーカップの敗因は、オーバーペースを先行して余力をなくしたこと。結果、中団から後方に待機していた2頭のワンツー決着を招いた。

 しかも、3角までに押して位置を上げに行ったことで、引っかかってしまった。つまりは、レースの流れと馬自身のキャリアの浅さが相俟って、勝つための手段が結果的に裏目に出たということである。デビュー戦で見せたスピードの絶対値と瞬発力は相当なもの。今回は折り合い重視で運ぶとのことで、今度こそ能力全開の走りを見たい。

 JRA勢では、初ダートの未勝利戦を楽勝したヒストリックノヴァが一歩リードだろう。中山での好時計は砂の深い門別ダート戦に必ずしも直結しないが、伸びしろの大きさに注目だ。仮にJRA勢4騎のどれかがここを勝つようだと、その馬の将来性は一気に高まることになる。

(文:競馬ブック・板垣祐介)


みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す