スマートフォン版へ

【マイラーズC】ケイデンスコール完全復活V 代打騎乗・古川吉導いた「期待通り」

  • 2021年04月26日(月) 06時30分
 「マイラーズC・G2」(25日、阪神)

 10年ぶりの阪神開催。新鋭と古豪が激突したマイル決戦を制したのは2番人気ケイデンスコール。代打騎乗の古川吉が1分31秒4の好時計Vへ冷静に導いた。1月の京都金杯以来、通算3つ目の重賞タイトルを獲得。同時に、安田記念(6月6日・東京)の優先出走権も手に入れた。

 岩田康の騎乗停止により、急きょ舞い込んだビッグチャンス。古川吉は「いいレースだけを見て、いいイメージで」とプラス思考で臨んだ。戦前のプランは「もう少し前で運ぼうと思っていた」と明かしたが、序盤のハイラップを見極めて柔軟に対応。中団やや後方に構えて末脚勝負にかけた。最後の直線は「手応え通り、期待通り」の切れ味を発揮。絶妙のタイミングで抜け出し、ゴールを貫いた。

 大役を果たした鞍上は「馬が強かった」とストレートに相棒をたたえた。自身は19年京阪杯ライトオンキュー)以来となる重賞V。「うれしいです。急きょ乗せていただいたことに感謝です」と述べて額の汗を拭った。

 東京競馬場で戦況を見守った安田隆師は「右回りの千六でどんな競馬になるか半信半疑でしたが、よく伸びてくれましたね。低迷期はありましたが、馬がしっかりしてきました」と“完全復活”を宣言。「きょうの時計は良かったですし、これで胸を張って安田記念へ行けます」。マイルG1獲りへ、堂々と名乗りを挙げた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

【重要】コミュニティ健全化の取り組みについて

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す