スマートフォン版へ

【本日開催!船橋・かしわ記念】10年ぶりの地方馬制覇に期待が懸かる/注目馬プロフィール

  • 2021年05月05日(水) 11時10分
 本日5月5日(水)に船橋競馬場で行われる第33回かしわ記念(4歳上・JpnI・ダ1600m・1着賞金7000万円)。

 今年初戦の川崎記念でGI初制覇を飾り、続く京成盃グランドマイラーズで1着と重賞連勝中のカジノフォンテン(牡5、船橋・山下貴之厩舎)は5枠6番、同じく今年初戦となったフェブラリーSでGI初制覇を飾り、引き続きC.ルメール騎手とコンビを組むカフェファラオ(牡4、美浦・堀宣行厩舎)は3枠3番に入った。

 かしわ記念注目の出走馬のプロフィールをピックアップして紹介する。

JRA所属馬

カフェファラオ(牡4)
 今年のフェブラリーSを含め、デビューから7戦5勝。とりわけ1600メートルでは3戦無敗と抜群の相性を誇っている。昨夏のジャパンダートダービー(7着)では、コース上にできていた車の轍を気にしただけに、初コースで物見をする懸念はあるが、4歳を迎えての精神的な成長もあるはず。ここを勝って、砂のマイル王の座を堅守するか。

インティ(牡7)
 2019年にフェブラリーSを制し、かしわ記念でも2着した強豪。その後は勝ち切れていないが、昨年のチャンピオンズCで0秒4差の3着、今年のフェブラリーSでも0秒7差の6着に食い込んだように、極端な衰えは感じられない。そのフェブラリーSで差す競馬にも対応し、脚質に幅が出てきたのも強み。ここで復活を遂げるか注目だ。

サンライズノヴァ(牡7)
 2019年のマイルチャンピオンシップ南部杯を勝利し、昨年のかしわ記念でもスタートでつまずきながら3着と、左回りの1600メートルで好走歴。昨年のプロキオンS武蔵野Sでも勝利したように、まだまだ一線級で戦える力を持っている。前走のフェブラリーSは11着に敗れたが、馬体面でもうひと絞りがあれば好勝負になるはずだ。

タイムフライヤー(牡6)
 5度のGI制覇を果たしたタイムパラドックスの近親。2017年のホープフルSを制すなど、芝を中心に活躍してきたが、ダートでもエルムS制覇、昨年のフェブラリーSで5着に健闘するなど、高い能力を示している。管理していた松田国英調教師が2月に引退したため、今回が転厩初戦となるが、持ち前の瞬発力を発揮できれば勝機も十分。

■地方所属馬

カジノフォンテン(牡5)
 3歳時は重賞でも好走止まりだったが、4歳の夏に京成盃グランドマイラーズで重賞初制覇。東京大賞典で2着に健闘すると、続く川崎記念でGIタイトルを獲得し、一躍ダートの中心勢力となった。前走の京成盃グランドマイラーズは休み明けだったが、好時計で連覇を達成。叩いての良化が見込めるだけに、2度目のGI制覇が期待できる。

 発走は16時05分。

(出走馬情報提供:千葉県競馬組合)

◆船橋競馬特集ページでは船橋全レースの予想印を無料公開中!

◆船橋公式重賞ページには、様々な情報が盛りだくさん!データも活かして的中を狙おう!

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す