スマートフォン版へ

【オークス】ファインルージュ疲労回復 上積み十分で女王に迫る 距離もカバー可能

  • 2021年05月18日(火) 18時20分
 「オークス・G1」(23日、東京)

 無敗街道を突き進み、2冠目もその手につかもうとしているソダシだが、ここを照準に仕上げてきたライバルたちも黙ってはいない。白毛馬の進撃を食い止め、樫の女王の座に就く可能性を秘める有力馬を紹介していく。

  ◇  ◇

 1冠目で8番人気ながら僅差3着に食い込んだファインルージュ。2度目の頂上決戦でタイトル奪取を目指す。木村師は「桜花賞の疲労回復がポイントだと思っていたが、帰厩して日を追うごとに活力が戻ってきた。乗りだしてからもいい方向に来ている」と意欲的。上積み十分で挑める見立てだ。

 1週前追い切りは美浦Wで併せ馬。7F99秒1-12秒6(仕掛け)。長めから時計を出す意欲的な内容も、最後まで脚勢に乱れなし。バネがあり、フォームも実に滑らか。状態面には太鼓判を押せる。「距離を長く乗ることで基礎体力やフットワークの質を上げていくという狙い。併せた相手に最後まで手を抜かず走ってくれたし、こちらの求めたことに応えてくれた」と指揮官は納得顔。スタミナ強化でソダシとの差を詰めるつもりだ。

 デビューは昨夏の新潟芝6F戦。今回は一気の距離延長が鍵となりそうだが、「(母父の)ボストンハーバーの文字を見て距離を不安視する声もあるけど、桜花賞フェアリーSで道中促しながら立ち回っていたように、操作性に問題はないし、3歳春時点なら距離はカバーできると思っている」と師は腕まくり。「(先輩僚馬の)ステルヴィオも、ダービーでは着順はともかく脚は使っていた(8着も上がり3F33秒9)。距離を延ばすことをポジティブにとらえるしかない」。さらなる上昇度を示し、白毛の女王に初黒星をつけてみせる。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す