スマートフォン版へ

ダノンザキッドが骨折でダービー回避

  • 2021年05月20日(木) 21時23分
 昨年の最優秀2歳牡馬で、皐月賞15着からの反撃を目指していたダノンザキッド(牡3歳、栗東・安田隆)が、右橈骨粗面剥離骨折でダービー(30日・東京)を回避することが20日、明らかになった。全治は3カ月以上で、近日中に滋賀県のノーザンファームしがらきに放牧に出る予定となっている。

 安田隆師は「自分にとって(調教師として)初めてダービーに管理馬を出せそうという期待があったので、本当に残念ですね。馬もダービーを目標にしていましたから。骨折がしっかりと治るように十分に休ませます」とコメントした。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す