スマートフォン版へ

【メイクデビュー中京5Rレース後コメント】クラウンドマジック加用正調教師ら

  • 2021年06月05日(土) 14時15分
中京5Rのメイクデビュー中京(芝1600m)は7番人気クラウンドマジック(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒0(良)。クビ差の2着に1番人気ラクスバラディー、さらに2馬身差の3着に6番人気スズカワールドが入った。

クラウンドマジックは栗東・加用正厩舎の2歳牡馬で、父エピファネイア母クラウンドジャック(母の父ヴィクトワールピサ)。

レース後のコメント
1着 クラウンドマジック(加用正調教師)
「攻め時計がもう一つでしたが、それで勝つのですから、潜在能力が高いのだと思います。直線だけの競馬でした。(新馬勝ち第1号について)こんなに嬉しいことはありません」

2着 ラクスバラディー(松山弘平騎手)
「良い馬です。高い素質を持っています。スムーズに正攻法の競馬をして、直線では手応えに余裕がありましたし、最後も伸びていました。しかし、外差しが決まりにくい馬場で、勝ち馬が思った以上に切れる脚を使っていました。この馬自体も良い馬ですが、負けてしまったことは申し訳なかったです」

4着 ナインティゴット(武豊騎手)
「馬の雰囲気は良く、道中の感じも悪くなかったです。しかし、意外と追ってから反応し切れませんでした」

7着 ゴーウィズフェイス(富田暁騎手)
「良いスタートを切って、理想的な競馬ができました。しかし、馬場がこの馬にとって重かったです。一戦経験できたので、二戦目以降はさらに良くなりそうです」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す