スマートフォン版へ

【POG】2歳戦独断評価 将来性抜群!コマンドラインに★5つ

  • 2021年06月08日(火) 19時40分
 5日に中央競馬の2歳新馬戦が開幕。先週土、日の東京、中京競馬場で計5レースが行われた。

 5日の中京5R(芝1600m)で世代初勝利を挙げたのは7番人気の伏兵クラウンドマジック(牡、父エピファネイア、栗東・加用)。4角10番手から豪快に追い込み、最後は首差突き抜けた。同日の東京5R(芝1600m)では圧倒的な支持を受けたコマンドライン(牡、父ディープインパクト、美浦・国枝)が人気に応えた。

 堂々たる横綱相撲だった。単勝1・1倍と圧倒的な1番人気に支持されたコマンドライン。道中は好位を無理なく追走。直線に入って残り400mで外に持ち出すと一完歩ずつ差を詰めて残り1F過ぎで逃げ馬をつかまえて3馬身突き放した。

 国枝師は「坂下で手応えが良くなくてアリャ?と思ったけど、だんだん(競馬を)分かってくれれば」と合格点をつけた。

 手綱を取ったルメールは「良かった、良かった。まだこれからの馬だと思うけど、きょうは楽勝だったね」と断然人気を背負っての結果にホッとした様子。「きょうは反応がちょっと遅かった。呼吸もまだきつかった。それでも最後はよく伸びてくれた。いい勉強になったと思う」と課題を挙げながらも素質を評価した。(レース評価A、将来性★★★★★)



先週の新馬勝ち馬評価一覧

クラウンドマジック(牡、父エピファネイア、栗東・加用)

 土曜中京5R・芝1600m、岩田康「位置取りは気にせずに直線だけの競馬で。まだモサモサするところはあったけど、これからいい方に向いてくれれば」(B、★★★★)

クレイドル(牝、父クロフネ、美浦・黒岩)

 日曜東京5R・芝1600m、福永「うまく厩舎が調整してくれて落ち着きがありました。競馬にいってハミの取り方が鈍い面があったのですが、その中で勝てて良かったです。言うことない内容でした」(B、★★★)

ビーオンザマーチ(牝、父モーリス、美浦・林)

 日曜東京6R・芝1400m、M・デムーロ「いいところにつけられたし、最後はジリジリ伸びてくれた。自分の仕事が分かっている感じ。とても性格がいいし、距離もマイルくらいまでは大丈夫。楽しみですね」(B、★★★)

ブレスレスリー(牝、父アメリカンペイトリオット、栗東・藤岡)

 日曜中京5R・芝1400m、藤岡康「一歩目はひと息でしたが、二の脚でスッとスピードに乗れたし、道中も楽でした。追ってからもしっかり。先が楽しみです」(B、★★★)

(評価は馬サブロースタッフによるS、A、B、C、Dの5段階)

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す