スマートフォン版へ

【POG】グットディール 栗東坂路4F49秒9!2歳馬離れの脚力

  • 2021年06月09日(水) 06時00分
 「新馬戦」(13日、日曜)

 桜花賞ソダシ皐月賞エフフォーリア、そしてNHKマイルCを制したシュネルマイスターと、21年の3歳G1では北海道の新馬戦勝ち馬が大活躍。今、北のデビュー馬がアツい。

 21年もダイヤの原石がいる。13日札幌5R(芝1200メートル)でデビューするグットディール(牡、父ビッグアーサー、栗東・須貝)だ。5月6日の栗東坂路で4F49秒9の猛時計をたたき出した後、放牧を挟んで札幌へ入厩。札幌ダートでの1週前追い切りでも、古馬1勝クラスを相手に追走併入と確かな脚力を示した。野見山助手は「気性がカリッとしていてスピードがある。大人っぽくて2歳馬離れしている」と評価する。

 16年高松宮記念をレコードで制した父ビッグアーサーは21年の新種牡馬。「現役時代に担当した助手さんから、“後ろから来ると反応がいい”と聞いたけど、性格が似ている。乗りやすい馬です」。桜花賞を制した須貝厩舎×吉田隼のコンビから、再び大物が誕生する。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す