スマートフォン版へ

【POG】プラソン北の一番星狙う 藤岡佑「仕上がり良さそう」

  • 2021年06月11日(金) 06時00分
 「新馬戦」(12日、札幌)

 北海道シリーズの初陣を飾る。プラソン(牝、父イスラボニータ、栗東・寺島、写真)が12日札幌5R(芝1000メートル)でデビュー。父は14年皐月賞を制し、ダービー2着とクラシックで活躍するなど重賞6勝を挙げた。新種牡馬として生産者の評判も高く、寺島師も「気の強いところはあるが、その分仕上がりは早い。追い切りの反応もいい。体もムチッとしていて、イスラボニータっぽいですよ」と評価する。

 札幌入厩後も4本の時計を出すなど意欲的。9日に札幌芝で5F71秒5-39秒9-13秒0をマークし、ブレスオブライフ(3歳未勝利)に1馬身先着した。またがった藤岡佑も「小気味いい走りで新馬向き。仕上がりが良さそう」と好感触。北の一番星を狙う。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す