スマートフォン版へ

【エプソムC】武藤JRA重賞初Vへ父・善則師が後押し!厩舎の看板馬アトミックフォース

  • 2021年06月11日(金) 12時42分
 「エプソムC・G3」(13日、東京)

 一念発起で重賞初Vに挑む。デビューした17年に同期最多の24勝をマーク。好発進を決めた武藤雅騎手(23)=美浦・水野=だったが、5年目を迎えた現在、地方での1勝(19年関東オークス)こそあるが、まだJRA重賞には手が届いていない。「そろそろ頑張りたいですね。(周囲から)何度も言われていますし、何とかやります」と気合の表情だ。

 今回コンビを組むアトミックフォースは、父・武藤師が管理する厩舎の看板馬。トレーナーは「昨年と同じ舞台でチャンスをもらえているんでね。敗因がないレースをしてほしい。きっちり乗らないと重賞は勝てない。馬の力を出し切ってほしいです」と期待する。

 20年の新潟大賞典で2着。そして20年のこのレースと、2走前のダービー卿CTでも小差の5着に健闘している。「馬はすごいしっかりしてきているし、重賞でもやれる力はあります。あとは展開ひとつ」と力を込める。

 21年は2月の調教中に右肩を骨折。1カ月ほどの休養を余儀なくされた。出遅れた分を取り戻すべく挑む、逆襲の夏-。父のバックアップも力に、タイトル奪取で大きく羽ばたいてみせる。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す