スマートフォン版へ

【英・ゴールドC】サブジェクティビストがV、4連覇狙ったストラディバリウスは4着/海外競馬レース結果

  • 2021年06月18日(金) 15時09分
 現地時間17日、イギリスのアスコット競馬場でG1・ゴールドカップ(4歳上・芝3990m・12頭立て)が行われた。

 道中は2番手を進んだ2番人気サブジェクティビスト(Subjectivist、牡4、J.ファニング騎手)が、最終コーナーに差しかかったところで逃げ馬をかわし先頭へ。

 そのまま後続を突き放し、後方から内を突いて追い込んだ8番人気プリンセスゾーイ(牝6、J.シェリダン騎手)に5馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは4分20秒28(良)。

 さらに1/2馬身差の3着には、後方の外から追い込んだ3番人気スパニッシュミッション(牡5、W.ビュイック騎手)が入った。

 このレース3連覇中の1番人気ストラディバリウス(牡7、L.デットーリ騎手)は中団の内を進んだが、最終コーナーで進路を失うロス。直線では懸命に前を追うも先に抜け出した上位2頭をとらえることはできず、スパニッシュミッションにも差されての4着だった。

 サブジェクティビストは父Teofilo(その父Galileo)、母Reckoning、母の父Danehill Dancerという血統。イギリスのM.ジョンストン厩舎の管理馬。

 昨年10月のロワイヤルオーク賞(仏G1)、今年3月のドバイゴールドC(UAEG2)に続く重賞3連勝となった。通算成績は17戦6勝。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す