スマートフォン版へ

【オークランドRCT】(阪神) 向正面でポジションを押し上げたエクスパートランが混戦を制す

  • 2021年06月19日(土) 16時30分
阪神10Rのオークランドレーシングクラブトロフィー(3歳以上3勝クラス・ダート1800m)は11番人気エクスパートラン(藤懸貴志騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒1(不良)。アタマ差の2着に1番人気ブラックヘイロー、さらに半馬身差の3着に3番人気メイショウドヒョウが入った。

エクスパートランは栗東・小崎憲厩舎の6歳牡馬で、父ステイゴールド母ワイルドゲッツ(母の父ワイルドラッシュ)。通算成績は29戦4勝。

レース後のコメント
1着 エクスパートラン(藤懸貴志騎手)
「この馬の競馬をしました。早めに動いて行きましたが、前に行ってからは楽な感じでした。速い時計にも対応しました。力をつけています」

3着 メイショウドヒョウ(和田竜二騎手)
「良いペースで行けたのですが、勝ち馬に早めに来られてしまいました。少し難しい所のある馬ですが、最後までよく頑張って走りました。力のある馬です」

4着 メイショウダジン(幸英明騎手)
「良い手応えで4コーナーを回ったのですが、前の馬が止まりませんでした。今日のような速い馬場よりも時計のかかる馬場が合っていそうです」

5着 メイショウヨカゼ(太宰啓介騎手)
「じっくり溜めれば脚を使えると聞いていましたが、その通り良い脚を使ってくれました。流れ一つでチャンスはありそうです」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す