スマートフォン版へ

17年2歳王者ダノンプレミアム引退、種牡馬入り

  • 2021年07月01日(木) 21時15分
 17年朝日杯FSを制したダノンプレミアム(牡6歳、栗東・中内田)が引退することが1日、発表された。今後は種牡馬となる。繋養先は未定。

 17年6月の阪神で新馬戦を勝つと、続くサウジアラビアRCで重賞初制覇。無傷3連勝で朝日杯FSを制し、同年のJRA賞最優秀2歳牡馬に輝いた。18年始動戦の弥生賞を勝ったものの、右前脚のザ石が影響して皐月賞を回避。仕切り直しのダービーでは6着と初黒星を喫し、その後は休養に入った。復帰戦となった19年金鯱賞で復活Vを飾り、マイラーズCと重賞連勝。その後はクイーンエリザベスS・豪G1で3着など海外遠征も行ったが、勝ち星には恵まれず、21年安田記念7着がラストランとなった。通算成績は15戦6勝(うち海外2戦0勝、重賞はG1の1勝を含む5勝)。

 中内田師は「ディープインパクトの血を伝えていく大事な役目がありますので、無事なうちに引退するということを関係者と協議して決まりました。いい子を出してほしいです」と偉大な父の後継種牡馬としての活躍を期待していた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す