スマートフォン版へ

【アイビスSD】タマモメイトウ連勝へ鋭い切れ味 藤岡師「思い通り調整できた」

  • 2021年07月22日(木) 06時33分
 「アイビスSD・G3」(25日、新潟)

 前走Vの勢いに乗って重賞初Vを狙うタマモメイトウは21日、切れ味鋭い動きを披露した。

 鋭い伸びが好調の証しだ。タマモメイトウは栗東坂路で単走追い。全体時計は4F53秒8だが、ラスト2Fは12秒3-12秒3と切れた。藤岡師は「前半の入りが遅かったけどね。我慢が利くようになった分、最近はラスト1Fで12秒台が出るようになった。それまでは13秒台が普通だった馬だからね。思い通りの調整ができた」と納得の表情だ。

 初の千直だった前走がいきなりのV。「一度使ってみたいと思っていたけど、うまくいった。1000メートルであの上がり(3F33秒4)が使えるんだから合う」と舞台適性の高さに感心する。

 ハンデ戦→別定戦となる今回は斤量が3キロ増。また、稍重の前走とは違って開幕週の良馬場で高速決着が見込まれる。「条件が変わるので展開がハマってほしい」。自慢の末脚を繰り出し、前走の再現を描く。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

【重要】コミュニティ健全化の取り組みについて

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す