スマートフォン版へ

【クイーンS】マジックキャッスル 重賞V2へ終始楽な手応えで併入 初舞台も不安なし

  • 2021年07月29日(木) 06時00分
 「クイーンS・G3」(8月1日、函館)

 28日、国枝厩舎の2頭が函館Wで競演した。先行併入のマジックキャッスルは態勢整った感。愛知杯に続く重賞2勝目に向けて順調そのものだ。ジェンティルドンナの全妹ドナアトラエンテは、今回からチークピーシーズを着用。その効果もあってか、迫力のある走りを披露した。

 真価を見せつける。実績上位のマジックキャッスルは、函館Wで同じレースで戦うドナアトラエンテを相手に5Fで2馬身先行し、直線で馬体を合わせて併入。終始、楽な手応えで立ち回り、5F68秒7-39秒4-12秒5を記録した。

 騎乗した鈴木助手は「動きは良かったし、調子はいいです」と評価する。この中間は美浦で十分に乗り込んでから函館入り。ここまでしっかり仕上げてきた。「フレッシュ感はありますし、今回は特に落ち着きがある。ヴィクトリアM(3着)の時よりも馬が大人になっています」と伸び盛りの4歳馬に納得の表情だ。

 鍵は初めての函館コースだろう。京都内回りの秋華賞で2着の実績はあるものの、これまで広いコースで活躍してきただけに、小回りの舞台は気になるところだ。しかし、同助手は「函館に入ってから、コースで器用に走れていますから」と涼しい顔。調教では芝よりもコーナーがタイトなWでスムーズな走りを披露しており、不安材料とは捉えていない。

 「これまで戦ってきた相手を考えると、負けられないですね」。3歳時は牝馬3冠戦で皆勤、前走のヴィクトリアMは2着と差のない銅メダル。牝馬の王道路線を歩んできた実力馬が、北の大地で自身2つ目の重賞タイトルをつかみ取る。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す