スマートフォン版へ

【クイーンS】“最強の1勝馬”シゲルピンクダイヤは余力十分 仕上がり問題なし

  • 2021年07月29日(木) 06時00分
 「クイーンS・G3」(8月1日、函館)

 シゲルピンクダイヤは28日、函館Wで5馬身先行するラヴィエント(3歳未勝利)を目標にスタート。徐々に差を詰め、直線で内に入ると馬体を並べてフィニッシュした。余力十分に5F68秒6-39秒1-12秒3。騎乗した野元助手は「先週栗東でやってきているし、落ち着いていて順調。動きも息も悪くない。できているよ」と仕上がりの良さに手応えをつかんでいた。

 デビュー2戦目の未勝利戦以来、白星から遠ざかっている。それでも19年桜花賞など重賞で2着3回。前走のヴィクトリアMでも5着に入るなど、地力は十分に通用する。同助手は「勝負どころでモサモサするから小回りがどう出るか。本当にそこだけ」と、初の函館コースさえクリアできれば、勝機はあるとみている。“最強の1勝馬”が2勝目と初タイトルを頂く。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す