スマートフォン版へ

【新潟ジャンプS結果】10番人気トゥルボーが叩き合いを制し重賞初制覇

  • 2021年07月31日(土) 14時17分
 31日、新潟競馬場で行われた新潟ジャンプS(3歳上・JGIII・障3250m)は、中団追走から最後の3〜4コーナーで一気にポジションを上げた石神深一騎手騎乗の10番人気トゥルボー(牡5、美浦・小笠倫弘厩舎)が、直線の最終障害を越えて、内の3番人気サーブルオール(牡8、美浦・萩原清厩舎)との叩き合いを制し、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは3分29秒0(良)。

 さらに3馬身差の3着に4番人気フォイヤーヴェルク(牡8、栗東・池江泰寿厩舎)が入った。なお、2番人気コウユーヌレエフ(牡7、栗東・斉藤崇史厩舎)は4着、1番人気ホッコーメヴィウス(セ5、栗東・清水久詞厩舎)は8着に終わった。

 勝ったトゥルボーは、父オルフェーヴル母フェアエレンその父Street Cryという血統。前走の東京ジャンプSでは13着だったが、ここで巻き返して重賞初制覇を果たした。

新潟ジャンプSダイジェスト>

スーパープレミアムコースでは全レースのフル映像のほか、各場毎のダイジェスト映像をご視聴いただけます

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す